社長ブログ

  • HOME
  • 社長ブログ

西 正史の社長ブログ

西 正史の面白ブログです。様々な情報を定期的に配信してますので是非、ご覧ください。

スニーカー

こんにちは西です。
たまには仕事以外の投稿しようと今日は僕の趣味で集めてるスニーカーをご紹介します。
最近ゲットしたyeezy Boost 350イエローです。

スニーカー

派手ですね〜 僕この色かなり気に入って届いた日に防水スプレーかけてタグを切ってすぐ履いて外出しました笑
次はoff-whiteナイキをゲットします…
さぁゲットできるか…笑

北谷町 屋上防水工事

こんにちは😄今回はボウリング場の屋上から雨漏れがあるとの事で急遽防水工事してきました!上がって見てみると…

鉄板屋根になっていて、その鉄板の継ぎ目にはシーリングが打たれておりそのシーリングが劣化して水が浸入している状態でした。

news_img001


早急に対策して欲しいとの事ですぐにシーリングの剥ぎ取り開始ー

news_img002


中から水がどんどんでてきます…

シーリングを剥ぎ取りしたあと、ポリマー材にて下地処理を行います。

news_img003


これで強靭な下地の完成です。
次にシールプライマー塗布、シーリング充填

news_img004


これで雨漏れは対策完了です。次は防水施工に入ります。
本日の作業はこれにて終了〜 おつかれさまでした🤗

news_img005

住宅兼事務所の車庫

住宅兼事務所の車庫
住宅兼事務所の車庫
住宅兼事務所の車庫

こんにちはー、ここ最近やっとでベンチプレス100キロ10回上げれたニッシーです!前回ご紹介したお客様の写真は後ほど投稿します   さてさて今回は私の住宅兼事務所の車庫が水漏れによりコンクリートに浸透して鉄筋が膨張しコンクリートを破壊してる状態だったので急遽、左官補修する事になりました。こちらが爆裂の状態です。

 

こちらは築23年の建て物になります。こちらの車庫の上には以前は5トン〜7トンの土が入ってる庭でした。ですが水漏れもして建物にも負担が大きいため土を全て重機で取り除きました。

こちらの作業内容はまずサビた鉄筋を磨いてエポキシ系のサビ止めを塗布します。
その後、ポリマー材にて断面部分に塗っていきます

 

ここが注目する作業になります。こちらのポリマー材を塗るのと塗らないのでは天と地の差が出るのでしっかり頭に入れて下さい。ここで通常のボンドを塗布し、セメントを埋め戻す作業もありますがあまり品質的にはよくありません。よく補修したけど2、3年後にはまたコンクリートが剥離してきたということもよく耳にします。そうならないためにもしっかりとした下地処理することが大事です。

次は埋め戻し作業を載せていきまーす

 

沖縄はこの季節に台風が二週連続

沖縄はこの季節に台風が二週連続
沖縄はこの季節に台風が二週連続
沖縄はこの季節に台風が二週連続

こんにちは。沖縄はこの季節に台風が二週連続で来ると言うなんて日だ〜…  のニッシィーです。
この前に引き続き打ちっ放しの施工について説明します。まずは外壁を綺麗に高圧洗浄にて藻や古い旧塗膜などを落としていきます。次にヒビ割れやピンホールなどを専用のミラクファンド-2000という材料で左官補修していきます。   この材料は普通のセメントとは違い、打ちっ放し専用のひじょうに耐久性に優れたものです。  すいませんこちらの工程の写真がフォルダをいくらさがしてもありません。と一枚目の写真が左官補修後です。このままですともともとの壁とはかなり違和感ありますよね?!この状態からエイジングといって10種類の塗料を使ってボカしていきまーす。
さぁーここからが腕の見せ所ですよ〜
行きまーす


どーん!





ど、ど、どうでしょう?「アングルは違いますがお許しを」。全然ちがいますよね!?このように建物の大半は左官補修してエイジングを行いました。打ちっ放しの工法はたくさんありますがただクリアを塗るだけじゃ根本的な雨漏れなどは改善されませんのでいかに下地処理を徹底的にやるかです。打ちっ放しの施工は補修跡が目立ってそれをボカす作業がとても難しく、だからと言ってひび割れやジャンカなどがあるにもかかわらずクリアーだけをすぐに塗る業者には気をつけて下さい。正塗装ではこのように工程ごとにお客様にて作業中や施工後に確認をしてもらい納得したうえで次の工程に移りますので、完成後、足場解体後のイメージが違うなどの思いは絶対させませ
 んのでご安心を!BR><BR>


つぎは完成後の写真アップしまーす

いや~季節はすっかり秋ですね~

いや~季節はすっかり秋ですね~
いや~季節はすっかり秋ですね~

いや~季節はすっかり秋ですね~  暴飲暴食して次の日後悔するパターンのニッシィーです。
さて、今回のご紹介する工事は打ちっ放しのお宅です。打ちっ放しは色々な工法がありかなり難易度が高いお仕事です。

あっ、うつっちゃったー

高級感があり大変美観が良い反面、やはりコンクリート肌がむき出しの状態ですので雨漏れも多いのが現状です。そこで初めて塗り替えるお客様は一般的な塗装に変えるお客様も多いです。こちらのお客様はとても打ちっ放し模様が好きな方でしたので、外観を維持しながら建物を綺麗にする方法に決めました。
その詳細はまた~