住宅兼事務所の車庫

住宅兼事務所の車庫

住宅兼事務所の車庫
住宅兼事務所の車庫
住宅兼事務所の車庫

こんにちはー、ここ最近やっとでベンチプレス100キロ10回上げれたニッシーです!前回ご紹介したお客様の写真は後ほど投稿します   さてさて今回は私の住宅兼事務所の車庫が水漏れによりコンクリートに浸透して鉄筋が膨張しコンクリートを破壊してる状態だったので急遽、左官補修する事になりました。こちらが爆裂の状態です。

 

こちらは築23年の建て物になります。こちらの車庫の上には以前は5トン〜7トンの土が入ってる庭でした。ですが水漏れもして建物にも負担が大きいため土を全て重機で取り除きました。

こちらの作業内容はまずサビた鉄筋を磨いてエポキシ系のサビ止めを塗布します。
その後、ポリマー材にて断面部分に塗っていきます

 

ここが注目する作業になります。こちらのポリマー材を塗るのと塗らないのでは天と地の差が出るのでしっかり頭に入れて下さい。ここで通常のボンドを塗布し、セメントを埋め戻す作業もありますがあまり品質的にはよくありません。よく補修したけど2、3年後にはまたコンクリートが剥離してきたということもよく耳にします。そうならないためにもしっかりとした下地処理することが大事です。

次は埋め戻し作業を載せていきまーす